タブーを犯した女たち〜鬼畜〜ネタバレ

タブーを犯した女たち〜鬼畜〜ネタバレ

中学2年のエリカのお腹の子の父親は・・・実父だった!!

 

▼本編はこちらから▼

【一般】タブーを犯した女達〜鬼畜〜

 

 

タブーを犯した女たち〜鬼畜〜ネタバレ

 

どのようにしてエリカは、父親の子供を孕んだのでしょうか?


 

見どころは、父親に犯され、妊娠する過程です!

登場人物
エリカ:この物語の主人公
西尾:エリカの父親
玲子:スナックのホステス

 

 

今年小学3年になる女子生徒のエリカは、学校に行ったり行けなかったりの日々を過ごしていました。

 

それは、父親が母親と離婚して小さい弟達の世話やカラダが弱っている祖父の世話をしないといけなかったです。

 

 

ただでさえ、忙しいエリカに父親はスナック通いで同伴させていたのでした。そんなエリカの父親の仕事は土木関係。酒癖が悪く、自分勝手な男です。

 

 

さすがに客である西尾を無下にも扱うわけにもいかないけれども、ホステスの玲子はさすがに心配になるのでした。

 

 

ある時、エリカの学校の先生が心配になり、臨時家庭訪問に来るのです。そんな担任の先生を父親は強引にスナックに引っ張っていって、あげくには殴って帰らせてしまうのでした。

 

 

学校に行かせていないのを不憫に思う玲子。

 

 

父親の言動はひどくなり、スナックに酒を買いに行かせたりします。

 

 

そして玲子は、スナックを結婚を機に退職し、児童手当の手続きのために役所を訪れるとエリカに再会したのでした。エリカは、まだ中学生2年なのになんだかお腹が大きくみえたので不審に思う玲子。

 

 

もしかして妊娠している?!まさかまだ中学生だし・・・・

 

 

▼本編はこちらから▼

【一般】タブーを犯した女達〜鬼畜〜

それから更に10年後。また玲子は、エリカに再会したのでした。

 

 

身の上を話すエリカは、とんでもないことをさらっというのでした。

 

 

今はバツイチ。
あれから4人の子供を産んだ。
上二人は、父親の子供を産んだ
下二人は、別れた旦那の子供
みんな施設に預け中

 

 

そして、父親から関係を迫れた日を話すのでした。酔った勢いで、処女を奪われ何度も何度も中出しされたこと

 

祖父が亡くなってから、さらに遠慮がなくなり犯されまくっていたこと

 

 

そして父親の子供を妊娠、出産したこと

 

 

玲子は、生まれた子供達がまた同じような運命をたどるのではないかと危惧をし、エリカに諭してその場をさっていくのでした。

 

 

タブーを犯した女たち〜鬼畜〜が読める電子コミックサイトとは?

タブーを犯した女たち〜鬼畜〜が読めるのはハンディコミックです。ハンディコミックは、スマホ専用の電子コミックサイトでいろんなサイトに広告を出しているので一度は目にしたことがあるのではないしょうか?

 

私も、タブーを犯した女たち〜鬼畜〜の画像広告を見てハンディコミックに入会しました。

 

 

契約したのは300円コースです。雑誌を購入するほどの安価な費用で、いつでもどこでもスマホで漫画が読めるのはとても便利だと思いました。また気になっている漫画のさわりだけでもサンプルとして読めるのがとても便利ですね。

 

時間つぶしにはぴったりだと思いまし

 

 

▼衝撃的すぎる本編はこちらから▼

【一般】タブーを犯した女達〜鬼畜〜

 

 

その他のタブーを犯した女たち

いろんな人には言えないような人生を送ってきた女性のリアルドキュメントです。どの話も読んで損はない、ドキドキするような内容ばかりなのです。

 

タブーを犯した女たち〜巣箱の中で〜

夫よりも息子。
息子が好きすぎて男はいらないと思い込んだ母親の歪んだ愛。その歪んだ愛情は行き過ぎてやがて、母子肉体関係という禁断の関係になっていく

 

作者:和田海里

 

タブーを犯した女たち〜歪んだ願い〜

幼少から貧乏な生活をしすぎた女は、やがて金さえあれば愛情はいらないという考えに変わっていく。そして、ある日なんの過失もない夫をバラバラにして殺人を犯し、金に溺れた日々を送っていくことになる。

 

作者:牧原もも

 

タブーを犯した女たち〜天の河

夫の実家で生活することになった女は、義母のいじめと夫の変わりそうに日々つつましい生活を送ることになる。そんあある日、義父が病に倒れることになり、女は義父に思いを告げることになる。

 

作者:宮城朗子

 

タブーを犯した女たち〜愛の記憶〜

弟と小さい頃に交わした約束が忘れられない女。姉という立場にありながら、想いをすてきれず一回限りの肉体関係を持つことになる。姉弟の禁断の関係を描いた漫画。

 

作者:緑川あきら

 


inserted by FC2 system